虫歯・歯周病・事故など様々な理由で歯を失って欠損(歯が無くなりスキマがあいたところ)となった部位を、歯の代わりとなるもので再建する事を補綴(ほてつ)といいます。欠損で放置すると、色々な障害がおきることが知られています

歯を失ってしまったら歯を補う治療が必要です

咬みあわせ・見た目・左右のバランス・発音やそしゃくなどの回復のための手段は大きく分けて3つあります。※欠損の状態によっては歯列矯正で埋めるのが可能な場合があります。

ブリッジ・入れ歯・インプラントの違い

インプラントについて

欠損した部分に歯根の代わりを埋め込み固定することで、再び機能回復が可能になります。不幸にも歯を失ってしまった場合に、有効な治療選択肢の一つです。歯を失ってしまうことは大変つらいことです。『また自分の歯のように食べ物を噛みたい』『また自分の歯のように美しい歯を手に入れたい』患者さんのこのような思いを叶えことるがインプラント治療によって可能になります。取り外し式の入れ歯になじむ事ができない場合や、欠損の両隣りの歯を削り、歯への多大な負担がかかるブリッジよりも優れた治療法です。たくまファミリー歯科ではインプラントが有効な場合、綿密な診査・診断・治療計画に基づいて、患者さんのご要望を十分考え一緒に相談させていただきます。安全な手術・適切な治療・徹底したメンテナンスが揃ってはじめて、インプラントをした大きな喜びを実感されると思います。日本人は顎骨が小さく華奢であり、欧米人などへのインプラント治療に比べて注意を払うべきことが多いです。当院では日本人の患者さんが多いので、ご自身の健全な骨を十分に活用できる日本人向けのインプラント治療を行い成果を上げております。

インプラント治療の流れ

インプラント治療の進み方

インプラント装着後のメンテナンス

ブリッジについて

入れ歯と比べて適応できる状態は限られてしまいますが、入れ歯よりもコンパクトかつ両側の歯で固定されるため違和感が少ない治療です。
たくまファミリー歯科では、周りの歯やかみ合わせのバランス・歯ぐきの健康的な美しさなどを考え、かみやすく長持ちする綺麗なブリッジを目指します。

入れ歯について

全ての歯を失ってしまったケースから、少数の欠損まで幅広く用いられる治療法です。たくまファミリー歯科では、入れ歯を心地よくお使いいただるよう、丁寧に作り調整いたします。保険適応の入れ歯の他、保険外の違和感少なく見た目に優れたピッタリフィットのプレミアムな義歯に興味のある方はご相談ください。