審美という言葉から見た目の美しさのイメージが先行してしまいますが、私はもっと大きな意味で審美歯科を考えています。日本の医療保険制度は概ねの口腔疾患の治療に適応される、素晴らしい制度だと思います。痛みを取り除いて歯を入れる段階まで3割程度の窓口負担金で治療を受けることが出来ます。よって厳密なルールがあり、私たち保険医は保険制度のルールを厳守しながら治療を進めていかなくてはなりません。そのルールこそが、クラウンブリッジの素材であったり、入れ歯の材料や設計なのです。つまり、歯科医療の基本にのっとり治療をすすめ、機能と見た目の回復を行うことは全ての治療において共通なのです。保険のルールで定められた素材や治療法よりも、美しく、丈夫で、衛生的で、安全なものを複数から選択できるのが、保険外治療(=自費治療。いわゆる審美歯科治療)であると考えています。当然見た目はよりきれいになるので、審美という言葉がクローズアップされるのだと思います。歯周病治療によって健康で美しい歯肉を手に入れるのも審美治療ですし、矯正治療と補綴によってバランスの取れた健康な口元・お顔も審美治療の結果です。

保険診療と自費診療の違いについて

たくまファミリー歯科では、つめもの(インレー)、かぶせもの(クラウン)、ブリッジ(クラウンがつながって欠損を補ったもの)、入れ歯(とりはずし式の義歯)などにおいて多種多様な治療法をご用意しています。パンフレット・スライドショー・実物などを用いて詳しい説明を行います。ジルコニア・セラミック・ハイブリッドセラミクス・2ケイ酸リチウムなどの歯の素材の特徴と利点、プレミアムな入れ歯とは何かなど、納得した上での審美歯科治療をご選択ください。機能や見た目の満足だけでは無く、気持ちも明るくしてくれるでしょう。

当院で取り扱っている素材の概要

  • セラミック
    主にクラウンやブリッジに使用します。天然歯のエナメル質にも劣らない透明感と色調の再現性があり非常に美しいです。また歯肉となじみが良く歯周疾患の予防にもなり、アレルギーの心配も無い素材です。
  • ジルコニア
    金属に匹敵する強度を持ち、かつ白いことから今後の歯科治療において主流になる素材です。セラミックの歯の内面フレームとして使用すると、強度と自然な美しさを併せもつクラウンが作製できます。また見た目も改良され、ジルコニア単独でクラウンを作製した場合の自然感も向上してきました。
  • ハイブリッドセラミクス
    コンポジットレジンというプラスチックと、セラミック粒子を混ぜ合わせた素材です。プラスチックの柔軟性とセラミックの美しさと強度という両方の利点を兼ね備えています。ただしセラミックの物性にくらべると劣る点が多いので、適切な使用法を吟味して用いる必要があります。インレーや義歯に用いるとその長所が発揮されます。
  • 2ケイ酸リチウム
    強度と透明感を持ち合わせた素材です。あらゆるタイプの歯を作製可能です。ジルコニアに比べると強度が劣るため、かみ合わせや歯ならびによっては向かない場合もあります。

かみあわせがしっくりこない、あごが痛い、音がなる、口の開け閉めがしづらいなど、お困りのことをお聞かせください。これらの症状は顎関節症の可能性があります。適切な治療、必要に応じて専門病院へのご紹介をおこないます。